神戸で美容外科を探すならランキングをチェック

ほくろを除去したい

カウンセリング

ほくろを無くしたい

顔などの体に目立つほくろがある人は、それをコンプレックスだと感じてしまうことがあります。そう感じた場合、ほくろを除去したいと考えるでしょう。ですが、ほくろを無くす方法とは一体どんなものなのか、きれいに消えるのかと気になるところだと思います。また、どういったところへ行けばいいかと悩んでしまう人もいるでしょう。そんな時は、美容外科へ足を運んでみてください。美容外科では、ほくろ除去できる施術を受けられるようになっており、最新の整形技術を施してきれいにほくろを消すことができます。神戸でも多く存在しており、ほくろを除去したいという人が日々訪れています。そういった人たちは、神戸でもどこの美容外科へ行っているのか気になるでしょう。それは、ランキングを確認するとどこへ行っているのかを知れます。

クリニックによって違う

ほくろ除去を受けるために美容外科へ行く時は、どこのクリニックへ行こうか悩むと思います。そういった時は、神戸の美容外科がそれぞれ行なっているほくろ除去の施術を確認しましょう。これは、ランキングでそれぞれの神戸にあるクリニック別に紹介されています。その中から気になる治療や手術を行なっているところを探すようにします。中には、神戸のクリニックで独自開発した施術を受けられるところもあり、高い効果を期待できるところだってあるでしょう。また、ほくろ除去の施術は状態によっては健康保険を適用してくれるところもあります。そういったところで施術を受けたいと考えているのなら、事前にランキングで確認しておいたほうがいいでしょう。

ほくろ除去の種類

ほくろ除去を美容外科で受けるとなれば、どんな施術で行なうのか気になるでしょう。ほくろを取り除く方法は、実はさまざまあり最近はどんどん最新の医療技術を施してできるようになっています。どんな施術があるのかを紹介していきます。
まず紹介するのは、くり抜き法です。これは、医療用のパンチのような道具やメスを使ってほくろの円形にくりぬきます。そして、周囲をきんちゃく状に縫って縮める方法になります。顔にできたほくろは、皮膚の修復力が高いのでこの方法をすすめるクリニックも多いです。ほくろの大きさは、約5mmから6mm以内のものが対象になります。二つ目は、切除縫合法です。これはメスでほくろを切除し、縫ってしばらくしてから抜糸するというほくろ除去のなかでも基本的な方法です。方法は、ほくろの三倍程度の長径の木の葉型に切除して、線状に縫い合わせます。ただ、皮膚のゆとりがない部分やほくろが大きい場合は皮弁術という方法で行なうことがあります。そして最後が、現代で最も多いレーザー治療です。これは、黒い色のものに反応するレーザーを照射し、ほくろの細胞を破壊します。他にも、水分に反応するレーザーを使用して電気メスで削るようにする方法もあります。種類は色々とあり、炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザー、ロングパレスレーザーなどがあります。ランキングでそれぞれの施術方法について知ることができるので、神戸にある美容外科を調べると同時に確認してみるといいでしょう。