神戸で美容外科を探すならランキングをチェック

ほくろを除去したい

コンプレックスとなってしまうほくろ。そんなほくろを除去したい時は美容外科へ行って施術を受けることになります。神戸のクリニックでは、ほくろ除去の施術を行なっているところが多くランキングでも確認できます。

保険証は使えるのか

ウーマン

美容外科とは何か

ここ数年で知名度が一気に上がったといえば、美容外科です。ここは、主に整形に関する治療や手術を行なっている医療機関の一つになります。ただ、他の医療機関と異なる点があります。他の医療機関では、ケガや病気などの治療や手術を受けられるので身体的に不調を感じた部分を治すというのが主な内容になります。しかし、美容外科はケガや病気を治すところではなく「きれいになりたい」という目的で訪れる医療機関になります。そのため、美容外科に訪れる人は自分のコンプレックスを解消してきれいになるという目的を持ってきています。

健康保険は適用されるのか

美容外科は、医療機関の一つですから他の医療機関と同様に健康保険が適用されると思っている人も多いでしょう。しかし、実は美容外科のほとんどは健康保険を適用することができない治療や手術を行なっています。その理由は、「美容目的」だからです。美容目的というのは、治療や手術を受けることできれいになるということだけを目的としており、決してケガや病気を治すという目的ではありません。日本では、美容目的だと緊急性がないという判断になり、自由診療扱いになります。自由診療は、美容目的以外に自然分娩で出産したこと、歯列矯正などの歯をきれいに見せるための治療、人間ドックなどが当てはまります。他にも、健康保険が適用されない検査方法や手術方法があるので事前に医師へ確認する必要があります。また、自由診療は病院側が治療や手術にかかる料金を自由に決めてもいいということになっています。ですから、美容外科もそれぞれのクリニックによって同じ治療や手術でも料金が異なります。

例外もある

上記に記した通り、美容外科での治療は自由診療となり健康保険は基本的に適用されません。しかし、一部の美容目的の治療では健康保険が適用になることがあります。これは、状況や治療、手術内容によって異なるので断定した内容を伝えることはできませんが、健康保険が適用される場合もあるということは覚えておきましょう。それに、健康保険が適用されない場合でも美容外科へ行く時は持っていくことをおすすめします。その理由は、身分証明書として提出しないといけないからです。他の身分を証明するものでも大丈夫なところもありますが、上記に記した通りもしかしたら健康保険が適用されることもあるので持っていくことは決して損しないこととなるでしょう。また、18歳未満の人は美容外科で治療や手術を受ける場合、保護者の同意書も必要になります。治療や手術を受ける前に、同意書にサインをもらい身分証として健康保険を持っていくことをおすすめします。

保険証は持っておこう

美容外科は、今まで話した通り基本的には健康保険が適用されません。ですが、身分証として提出を求められることがありますし、状況によって適用になることだってあります。ですから、忘れずに持っていきましょう。
神戸では、身分証として健康保険の提出を求めるところが多いので美容外科へ行くのなら持っておくことをおすすめします。美容外科のランキングを確認すれば、神戸のクリニックでもどこが提出を求められるのか確認することができます。事前に調べておくことで忘れずに持っていくことができるので、神戸のクリニックへ行こうしているのなら事前にランキングを確認しておきましょう。

鏡を持つ人

評判がいいところの選び方

神戸で美容外科を探すなら、評判のいいところへ行きたいと考えるでしょう。そういった時におすすめしたいのは、ランキングを確認することです。そうすることで、良い美容外科や名医のいるところがわかります。

医者

もう一度やり直してもらう

他の美容外科で受けた施術で納得できずにやり直したいと思う人もいます。ですが、同じところだとまた納得できなくなるかもしれないと思ってなかなかいけないでしょう。そういった時は、神戸の美容外科のランキングをチェックして修正してくれるところを探しましょう。